FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


貴方に小さな嘘を吐くのが好きでした
困らせたくはないけど
笑ってくれるような
心配してくれるような嘘を

いつしかそれは苦痛に
笑顔は見せてくれないの

呼吸が空に還ったとき
私はきっと泣いている
大好きな貴方を
忘れてしまいました
いつしか酸素が
宇宙に還る


爪は眼球を舐める





いもりなのかやもりなのかトカゲなのか、
さっぱり違いがわからない矛盾屋です。
そいつが今流しにいるのです。
妹が、
「なにこれ!
いもり?やもり?タモリ?」

いや、タモリはないと思います。


そしてゆきさん有難う!
私は幸せ者です:)


スポンサーサイト
テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 灰色プラネット, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。