FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつもの坂を下って
春になったら綺麗な桜の咲くこの坂道
どうやら春はまだらしい
隣で歩いていた君が静かに笑った

まださよならは言いたくないよ
私達だけのこの景色 もう会えないの?

坂を下りた この場所
毎日毎日お喋りした
隣では彼岸花が咲く
握っていた手が 離れた
冷たい風が吹いて
彼の温もりを消し去っていった


彼は卒業を待たずに 去っていった
隣では彼岸花が咲く
赤く赤く
毒々しいまでに赤い彼岸花が
私の隣で笑っていた


cider



写真提供:cider








卒業前に更新したかった。
でもまだまだ他のとことかはあれなので、今のうちに更新。


スポンサーサイト
テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 灰色プラネット, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。