FC2ブログ

久々にちゃんとした日記書きたいと思います(^ω^)
無駄に長くなったので、追記へ^^
大体昨日買い物に行った時に買った物の話しです。
そういえば、右の画像達が見れなくなっている(´;ω;`)(´;ω;`)
チェックしようと思ってももうすぐテスト…。
うーん、落ち着いたらチェックします;
コメントの返事は明日出来たらな。
スポンサーサイト


夜は儚げ
花も既に
何かを待つのには
飽きてきたこの頃

だって思ったって叶わないし
行動したって僕じゃ何も出来ない

夢ばかり見ていた日々と
泣き虫な君が隣に居て
もうこれ以上無い
悲しい事だけは捨てて
楽を拾うなんて 疲れるだけ
全て今更だとしても
明日は変わらずにそこにあるから


僕らしくない
真面目くさった本音






いっぱいあるフォルダから目つぶってダブルクリック。
こんにちは「飲み込めない本音と」


ラストフレンズ最終回ぎゃおす!
9時30分過ぎたらお風呂入らないと。
10分遅れくらいでCMとばしする為にはちょっと遅めにお風呂はいるのさ。


沖田のアイマスク、上手くつけられるようになりました(^ω^)←
テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


激痛と言うよりも稲妻
黒猫は排気ガスにまみれて
路地裏へ行くのは
彼が居るから

その手で撫でられ、るのが好き
生臭い赤で染め、てくれるの

ぎらり光る銀色で
黒い汚れた私は赤くなる
たまに泣く
女の人はどれも目に色が無くて
何を見ているの
誰を想っているの


また今日も冷たい身体に擦り寄って
いつかまた
頭を撫でてくれるんじゃないかと
待っている






黒猫は死んでしまった大好きな人間を思い出す
稲妻→都会の痛さ
赤くなる→"彼"が傷つけた人間の返り血
女の人→"彼"はよく女を連れ込んでいた

というメモと一緒に置いてあった詩。
たぶん最近の。


いつまで放置ぷれい続ける気?と自分で言ってみる。
ちゃんと更新していると思ってたらもうね、ありえないくらい放置してた\(^o^)/
もうテスト週間だしまた更新停滞しますすいません。
やっぱり高校って大変なんだな、と思った。
けど帰ったらパソコンつける癖つけよう。
いや、あんまり良いことではないけれど。




コメント返事遅れて申し訳ありません;
今度の土曜は学校なのですが、
午前中までだと思うので土曜に返そうと思います(´・ω・`)


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

どうせ子宮には戻れない
片仮名も日本語
実はこれ二度目なのです
適当に

胸に刺さった釘
口を開けたら
接吻なんてどう
ああもうわからない

サーカスをお勉強
先生、色恋話は耳に毒です
そろそろ湿る
ハンカチ濡れる

明日もあるのですか
憂鬱ですね
薄いものは、やはりまだ寒いのです


07.jpg

写真提供:cider




「二度目なのです」は、一回詩書いたのに消えてもっかい書き直したってこと\(^o^)/
そのまんまだ^^
所々思い出せなかったから、
どうせこれ今日一日の振り返りみたいな詩だったので、
そのまま書いてみた。
何日に書いたんだっけな。
「サーカス」は、"なかむらちゅうや"さんの詩のこと。


林檎嬢アルバム発売だと今更知りましたご免なさい!
絶対買おう、仕事しなくちゃお金が無いのよ。
だってBUMPもアルバム。
銀魂DVDが遠ざかってゆく
(ミツバへんまだ一回も見てないのに!)



p.s
鬼宿の声って緑川光さんだったのか…!!
知らなかった…
思えば、緑川さんだ…
緑川さん…←

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


彼女が羨ましい
右半分の髪が短い私
赤い唇の彼女
目の色が左右違う私
栗色髪の彼女

昔は美人だったのよ
桃色の頬を返して

棚に並んで寝転んで
こんな私は嫌い?
倉庫は嫌よ
泣いたって涙は出ない
ほら 腕だって足だって
動かせないんだから
灰色の窓


ちやほやされたあの時が
とてもとても
懐かしくて
涙が出ちゃう(人形なのに!)


笑うことすら出ない





ちゃんと更新してると思ったら二日しかしてなかった\(^o^)/
どうしよう、ハイマー?早くないですか。

この詩の「私」は人形です。


今日帰りに無印のペン買った^^
やっぱり一番書きやすいお!

しょこたんブログのネイルが物凄くかわゆかった。
セーラームーンいめーじしたんだって(^ω^)
かわゆいかわゆい


こんな狭い世界に生きている
薄っぺらな私が
人混みに紛れてる
大好きな足音はもう居ないけど

嘘くさい接吻に嗚咽
私は悪くないのに
細い腕を捕まえないで
舌は正直

もう嫌よ
体が痛い

きっと彼はあの子と仲良くやっている
卒業のあの時のように
私の目の前で


cider


写真提供:cider様





「五月病ですか」ってタイトルなんだから、
五月に更新しようと思ったらいつの間にかもう六月。
早いなぁ。
最後らへんは、本当にふと思った。
ちょっと嫌な女だ私。


某都民が果てしなく好きだ、
テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学



最後まで嘘吐きな人
その左手が好きでした
嘘を吐くと爪を見る癖
そこまで正直じゃなくても良いのに

何を考えているのか知らないけど
泣きそうな顔で「別れよう」なんて言わないで

貴方の方が弱いのに
「君のためだから」なんて
そんな人じゃないくせに
爪は見ないのね
何を言われたのか知らないけど
泣きそうな時
絶対私の目を見ないのにも
そろそろ気が付いてよ


私のこと嫌いになったって
迷惑だからって
言ってしまえばいいのに
そんなところも好きでした



純粋彼氏






明日学校憂鬱だ
だって順位出るんだよ
満員電車が面倒くさい
かりた漫画返さなくちゃ

今日慣れない靴で歩きまくったせいか、(言うほどでもないけど)
体中の関節が痛い



テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 灰色プラネット, All rights reserved.